2017年7月28日金曜日

個人レッスン無料体験会

活動を始めて10年余り、皆さんへの感謝と新しい方にフェルデンクライス・メソッドに親しんでいただくために、個人レッスンの無料体験会を企画しました。
約50分。2名のプラクティショナーがFI(個人レッスン)を行います。

 日時 2017年8月31日(木)
 場所 中原市民館(武蔵小杉駅徒歩2分)
 時間 A 13時20分~
                B     14時20分~
    C 15時20分~
    各時間帯で2名ずつ受け付けます。メールにA/B/Cで第一希望、第二希望を書いて    
    ください。初めての方もご遠慮なく申し込んでください。先着順になります。

 申し込み先 takaoka6013☆nifty.com
      (☆を@に換えてください)
   

     

8月の予定

暑くなってきましたが、優雅に身体を動かして、夏を乗り切って行きましょう。

基礎レッスン神奈川教室
 8月13日(日)、27日(日)
 午後2時から
 かながわ地区センター2階和室

武蔵小杉クラス
 個人レッスン無料体験会
 8月31日(木) 午後1時~5時
 中原市民館和室 
  

2017年6月28日水曜日

7月の日程

最近は、少し落ち着いたレッスンをということで、ゆったりとしたATMを続けています。
7月からはミア・シーガル先生に習ったレッスンをしばらくやってみようと思います。
日程は
 武蔵小杉クラス 
   7月2日(日)午後2時~
   中原市民館2階和室
 東神奈川クラス
   7月9日(日)、23日(日)午後2時~
   かながわ地区センター和室

2017年5月29日月曜日

6月の日程

股関節をしばらく重点的にやっていたと思ったら、もう6月です。
股関節は、肩、骨盤、膝などと強い関連性があって、レッスンが終わると肩が楽になっていたりして、不思議ですね。
さて、6月ですが最初の11日が変則で午前中になります。
6月
  11日(日)午前10時30分~
  25日(日)午後2時から
場所
  神奈川地区センター和室

 ※6月は武蔵小杉クラスはありません。
 申し込み先  takaoka6013☆nifty.com(☆を@に変えてください)


2017年5月3日水曜日

5月のレッスン

5月の基礎レッスン神奈川教室の日程です。

5月14日(日)14時から16時
5月28日(日)14時から16時

場所 かながわ地区センター2階和室


HPがうまく使えていないので、連動してフェルデンクライス・メソッドの説明や、この教室の雰囲気などが伝えられない状態です。
かといって、こちらに書きすぎると記事が多くなります。もう少しお待ちください。
連絡先 takaoka6013☆nifty.com(☆を@に変えてください)

2017年4月25日火曜日

ヤナギシリーズ

4月のレッスンも無事終了。
オーソドックスなものを水谷教授がやり、そして私がヤナギシリーズをはじめました。
骨盤・腰をターゲットにした700番、そして股関節の701番。
とはいえ、フェルデンクライスの場合は、ターゲットにした部分だけではなく関連の強い部分をうまく連携させるように運んでいきます。
そのため、ヤナギシリーズはまるで個人レッスンのように進みます。
名前のヤナギですが、これは横浜野毛のヤナギ(柳)通りではじめたことから、名前を付けました。

さて、いよいよゴールデンウィークですね。5月4日は武蔵小杉になりますが、ヤナギの701番をさらに丁寧にやってみようかと思います。場合によっては二つに分けてもいいかもしれません。

5月の武蔵小杉クラス
   5月4日(木・休) 午後2時から
  中原市民館2階和室

2017年4月9日日曜日

新年度にあたって

水谷教授の専攻は?
という質問をお受けしました。
もちろん、フェルデンクライス・メソッドです。
 
 ちなみに主な国語辞典では「教授」を
 学問や技芸を教え授けること。「書道を教授する」(大辞泉)
 学問・技芸を伝え教えること。 「国文学を-する」 (大辞林)
と第一番目の説明としています。
ということで、大学等の高等教育機関の従事者という意味では、わたくしは使っておりません。

かって、わたくしたちは
フェルデンクライス法を教授し享受するということにプライドをもって、次の
仰ぎ願わくは、上来現前フェルデンクライス法を謹みて供するエイーティーエムの功徳により講中一同、家内安全、如意満足或いは病気平癒を祈願し奉る
と唱和してからレッスンを行ったものでした。

 そして2017年度が4月からはじまり、4月9日は、
ヤナイ12番とヤナギ7000番のレッスンを行いました。
今年も有意義でわかりやすいレッスンを
と水谷教授とも語り合っておるところでございます。
ちなみに、現在はレベルの高さは変えずに、
スキャンニングから始めるというオーソドックスな
レッスンを行っています。

フォロワー

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真
フェルデンクライスを長くやっています。熱心ではありませんが、継続的にしっかりと進歩が感じられて、離れがたい状態です。無理をしないで、うまく自分をフローの状態にもっていくことに興味があります。